胃もたれ解消

胃もたれの原因とは?

胃もたれは、胃の機能が低下することによって起こる消化不全です。
胃もたれの原因の多くは胃に過度な負担をかけたことだと言われていますが、胃そのものが弱ってしまっている可能性もあります。

 

食べ過ぎ、飲み過ぎ

胃もたれの原因として一番多いのが、食べ過ぎ、飲み過ぎです。
胃の内容物は消化されてからでないと腸へと移動しません。
そのため大量の食べ物が胃に入っていると消化に時間がかかり胃に食べ物が滞留する時間が長くなってしまいます。
また、アルコールを大量摂取すると胃粘膜を刺激し胃酸の分泌を増やします。
その結果、胃痛や胸焼けを引き起こします。

 

ストレス

胃はストレスの影響を受けやすい臓器です。
強いストレス、不安、緊張が原因となって胃酸の分泌が増えると、胃や食道の粘膜に炎症を起こす可能性があります。
症状が進むと胸焼けのほか、ゲップ、胃痛、吐き気、食欲不振などを伴います。

 

不規則な生活

不規則な生活は胃に負担をかけ、胃の機能を低下させる原因となります。

 

ヘリコバクター・ピロリ菌

ヘリコバクター・ピロリ菌は胃酸の中に生息して胃粘膜を傷つける細菌です。
40歳以上の人は約70%が感染していると言われ、胸焼けや胃炎の原因となっています。

 

その他

疲れている時や風邪をひいている時など、体が弱っている時に胃もたれを感じる場合もあります。

 

また、胃もたれが慢性化している方は胃が衰弱していると考えられます。
何らかの重大な病気を発症しており、その影響で胃の機能が低下している可能性もあります。
症状が続いている方はきちんと医療機関で受診しましょう。

 

関連サイト

胃もたれが気になったら、逆流性食道炎も気を付けておいた方がよいでしょう。

 

こちらの逆流性食道炎治療に役立つサイトが参考になると思います。

胃もたれの症状とは?

胃の不調には胃痛、胸焼けなど様々な症状があり、多くの方が何らかのトラブルを抱えていると言われています。
中には自分が感じている不快感が何に当てはまるのかよく分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

胃もたれとは、「胃の中に食べ物が残っているように感じる」「胃が重たい・重苦しい」「お腹が張っている」といったような症状を指します。
これらは実際に長時間胃の中に食べ物が残っているために引き起こされる不快感です。
また、胃もたれによって食欲不振や息が臭いといった症状がみられる場合もありますが、これらも胃の中に食べ物が残っていることが原因と考えられます。

 

胃の中に入った食べ物は消化されて十二指腸へと送られますが、胃の蠕動運動の機能が低下すると食べ物が胃に滞留する時間が長くなります。
胃の蠕動運動の低下は加齢による場合もありますが、胃に負担をかけた時やストレスなどによって一時的に症状が見られることもあります。
このような場合は朝起きたときにも胃もたれを感じることが多いようです。

 

また、食べ過ぎ飲み過ぎ、脂っこい食事などによる消化不良が起こっている場合も胃もたれが起こります。
食後に胃もたれを感じる方は食生活を見直すようにしましょう。

 

胃もたれが慢性化している場合には何らかの病気に罹っている可能性もありますので、放っておくのではなく病院で検査を受けることをおすすめします。
受診の際には適格に自分の症状を伝えるようにしなければなりませんが、胃もたれと胸焼けを混同している方が少なくないようですので気をつけましょう。
胸焼けは「胸がムカムカする」「胸(胃の上部)が熱い」といった症状です。
様々な症状と混同していて見分けがつかないという場合にはいつ、どのような症状があるのかより具体的に医師に話しましょう。