胃もたれと病気

誘発する恐れがある病気とは?

胃もたれが起こる場合には胃腸に関係する疾患を患っている可能性があります。
放っておくと症状が悪化し、別の病気を誘発する可能性もありますので注意しましょう。

 

慢性胃炎

胃の粘膜が薄くなって胃の機能が低下する病気です。
食べ物を消化するのに時間がかかり、長時間に胃に滞留するため胃もたれ、胸焼け、などの不快感があり、食欲が低下します。

 

また、空腹時に腹痛が見られる場合もあります。

 

神経性胃炎

神経性胃炎はストレスや不規則な生活が原因となり、胃の機能が低下する病気です。

 

食べ物を消化するのに時間がかかり、長時間に胃に滞留するため胃もたれ、胸焼け、などの不快感があり、食欲が低下します。

 

胃下垂(いかすい)

胃が下腹部まで下がっている状態を胃下垂と言い、痩せている人に多くみられます。
少し食事をしただけで満腹になり、食後に胃もたれを感じます。

 

胃酸過多

胃酸が必要以上に分泌される病気で、原因としてはストレスが多く挙げられています。

 

胃に中に食べ物が入っていない時にも胃酸が分泌され、胃もたれのほかには酸っぱいゲップ、口臭、嘔吐、嘔気といった症状がみられます。

 

食道裂孔ヘルニア

腹圧が高まって胃が上に押し上げられることによって、胃の位置がずれてしまう病気です。
高齢者や肥満体型の方に多くみられます。

 

食道に焼けるような感覚があり、胸焼け、胃もたれ、ゲップなどの症状が強くみられる場合には食道裂孔ヘルニアが疑われます。

 

胃がん

胃もたれ、食欲不振、胃痛などの症状がみられます。
胃がんが進行すると胃の内部で出血が起こり、吐血や黒い便が出ます。

 

胃炎、胃潰瘍などの病気が発展して胃がんになると言われていますので、胃の疾患が心配される方はなるべく早めに医療機関を受診し適切な治療を受けることが重要です。